豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

Facebookでもっとも多くリアクションされるボタンは"いいね!"ではない

Facebookが2016年よりスタートした「超いいね!」、「悲しいね」など「いいね!」以外のリアクションボタンが追加されました。その中で何が最も押されているのか、Social TImesにてデータが紹介されています。

f:id:blackwatcher:20160510231721p:plain

Report: Love Is the Most Popular Facebook Reaction | SocialTimes

もっと使われているリアクションボタン

2016年になってからFacebookの投稿に対するリアクションのボタンとして「超いいね!」、「悲しいね」など「いいね!」以外のリアクションボタンが追加されました。その中でもっとも押されているボタンは何か、以下のグラフでデータが紹介されています。

f:id:blackwatcher:20160510231958p:plain

もっとも多く押されているボタンは「Love」だそうです。なんと割合は50%以上に及んでいます。

10000Likesに対する他のリアクションが多いサイト

10000いいね!に対するそれ以外のリアクションが多いサイトの上位サイトが以下のグラフになります。ハフィントンポストやニューヨークタイムズ、FOXニュース、ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナルなど、ジャーナリズム系のサイトが上位を占めています。

f:id:blackwatcher:20160510232819p:plain

紹介の記事では、Facebookが描くタイムラインでのユーザーの反応が理想的になりつつあるとされています。多くのFacebook投稿では56%〜70%で「悲しい」のリアクションがされており、24%〜40%が「怒り」だそうです。なんとFOXニュースでは 52%が「悲しい」、46%が「怒り」と、投稿のリアクションのほぼ全てをこの2つが占めておりほぼ「いいね!」がない状況です。

最後に

データ元が海外なので日本での感覚と異なる部分もあるかと思います。筆者のタイムラインでもやはり「いいね!」が一番多くされている印象です。これからより「いいね!」以外のボタンが押される文化が広まるかもしれませんね。