読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

Pinterestがショッピング機能を強化。Amazon、Googleに対抗できるか

Pinterestがショッピング機能を強化したようです。Marketing Landにて紹介されていました。サイトに新たにショッピングカートと売り手のプロフィールを載せ、さらにより良いプロダクトを見つけるための人口知能を追加しました。AmazonGoogleといった、優れたショッピングサービスの対抗馬となり得るのでしょうか。

f:id:blackwatcher:20160629225954p:plain

Pinterest tries to one-up Amazon with new shopping features like AI-enabled search

Pinterestがショッピング機能を強化

Pinterestがショッピング機能を強化したようです。元記事によれば、PinterestAmazonGoogleといったカスタマーの購買をサポートする強力な企業をライバルと捉え、その上を行こうと考えていたようです。しかしこれまでショッピングカートはPinterestにはありませんでした。

ショッピングのための機能といえば、約1年ほど前に「pins」をリリースしていますが、今回の機能追加はそれに加えた新しいものです。

Pinterest tries to one-up Amazon with new shopping features like AI-enabled search

これまで、Pinterestにはショッピングカートと売り手のプロフィールがありませんでした。カスタマーはテキストでキーワードを入力し、スクロールで商品を探すことを求められていたのです。

今では、カスタマーはあらゆるデバイスから異なる商品をショッピングバッグの中に入れることができます。さらに人気の商品や売れている商品という観点の他に、売り手のプロフィールから商品を探すこともできます。

f:id:blackwatcher:20160629234031p:plain

さらに、Pinterestはよりユーザーがより簡単に商品を探せるように人口知能をサイトに追加しました。

Pinsterestの公式ブログでも紹介されていますが、"イメージ"から探せる優れものです。写真内の商品と似たプロダクトをPinterestの中から探し出してくれるのです。以下のGifアニメをご覧ください。

Pinterest_ImageRecognition

写真のおかげでもありますが、かなりスマートにプロダクトを探すことができそうですね。1度は使ってみたい機能です。

参考

Introducing automatic object detection to visual search | Pinterest Engineering

画像認識は広がっている

画像のコミュニケーションが広がり、人口知能が画像を扱う場面も増えてきました。特に画像認識は様々なサービスで取り入れ始められている印象です。以前本ブログで紹介した「WTF is That?」はFacebookメッセンジャーを通して、送った写真の内容を教えてくれるサービスです。なかなか面白いので、気になる方はぜひ試してみてください。

【WTFIT】写真を送るとそれが何か教えてくれるFacebookメッセンジャーボット『WTF is That?』 - 黒子の観察者