読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

GoogleMapsがアップデート?!目的地までの経由地や、写真・テキストをログとして残せる機能が追加

GoogleMapsがアンドロイドアプリで、より便利に使えるようになりました。Search Engine Landにて紹介されています。 GoogleMapsを利用して移動中に停止予定の場所を記録しておく機能や、新しくユーザーのためのタイムラインが追加されました。自分の行動をより具体的に残せるようになったのが特徴です。

f:id:blackwatcher:20160703104607p:plain

Google Maps Android users get multi-stop directions & new Your Timeline features

GoogleMapsのログを残す機能が進化

GoogleMapsが、利用ユーザーのログを残す機能をアップデートしました。現在はアンドロイドアプリでのみ利用可能ですが、近い将来iOSアプリでの利用も可能になるようです。

今回のアップデートでは、以下の2つのポイントが強化されました。

  • 停止予定の場所の記録
  • 写真やメモを残せるタイムライン

停止予定の場所の記録

停止予定の場所を記録するには、最終的な目的地を入力し、さらにメニューをクリックし、"Add a stop"から記録できます。GoogleMapsの公式ブログでもアナウンスされています。

Google Lat Long: Kick off your summer travels with these new Google Maps features

写真やメモを残せるタイムライン

移動中に撮った写真やメモを残せる機能も追加されています。これまで以上に、旅行の際に使いたくなるアプリになったのではないでしょうか。

f:id:blackwatcher:20160703110824p:plain

機能追加の狙い

新しくGoogleMapsに機能を追加したGoogleの狙いはどこにあるのでしょうか。最終的な狙いを広告売上のアップと捉えると、今回の2つの機能は下記のような効果が見込めそうです。

停止予定の場所の記録

多くのユーザーがこの機能を使えば、特定の目的地までに立ち寄るとよい、おすすめの場所がデータとして溜まります。これらのデータは同じ目的地を目指すユーザーに対して広告を打つための判断材料となりそうです。

写真やメモを残せるタイムライン

GoogleMapsに投稿される写真やテキスト情報はGoogle検索の検索対象になると思われます。検索から旅行の情報を探すユーザーの着地先が、GoogleMapsになってくる可能性が高そうです。