読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

2016年12月にFacebookでもっともリアクションされたサイトトップ10

マーケティング

2016円の12月にFacebookでもっともリアクションされたサイトとはいったいどのようなサイトなのでしょうか。リアクションの多かったランキングと、サイトの特徴についてご紹介します。

f:id:blackwatcher:20170128182953p:plain

The Biggest Sites on Facebook in December 2016

 

2016年12月にFacebookでもっともリアクションされたサイト

トップ10は下記のグラフの通りです。いわゆるニュースサイトが多くランクインしており、特定のテーマに絞ったサイトで言えばGoal.comが6位に位置しています。1位のIndiaTimesは日本ではあまり耳慣れないサイトですね。グラフ情の数値は、Facebookのリアクションボタン、コメント、シェアなどの合算値です。

f:id:blackwatcher:20170128182921p:plain

 

トップのサイト『Indiatimes.com』

トップに入ったサイト『Indiatimes.com』をご紹介します。Indiatimes.comは時事ニュースやライフスタイル、エンタメ、スポーツなど総合的なトピックを扱うウェブサイトです。トレンドのウェブサイトらしく、下記のような特徴があります。

スマホに合わせたデザイン

記事をサイトのセンターに置き、サイドバーにカテゴリを配置する今風のスマホに合わせたデザインです。シンプルでよいですね。

f:id:blackwatcher:20170128184809p:plain

カテゴリを選ぶときは、サイドバーにカラムが現れます。普段は隠れているので、縦スクロールして記事を読むのに邪魔しないデザインです。

f:id:blackwatcher:20170128184850p:plain

 

大きな画像

サイトのセンターに大きく画像を配置しています。読む人にインパクトを与えますね。これもスマホに近いデザインです。

f:id:blackwatcher:20170128185246p:plain

 

Facebookの投稿はシンプル

Facebookへの投稿はいたってシンプルです。 コンテンツのリンクと数行の紹介文のみの投稿となっています。コンテンツの内容がやはり重要なんですね。

 

ベスト10以外のサイトは?

この記事の元ネタとなったサイトでは、ベスト25まで紹介していました。下記の表の通りです。惜しくもベスト10入りできなかったサイトには、Amazonに買収されたワシントン・ポストや、日本でも人気のBuzzfeedなどがあります。

f:id:blackwatcher:20170128191017p:plain 

おすすめ記事

【2000年-2016年】米国のスマホ・ブロードバンド・ソーシャルメディア・タブレット利用率変遷

2017年のソーシャルメディアマーケティング・6つのトレンド予測

マーケティング担当者が見逃せない6つのUX原則