読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

【2000年-2016年】米国のスマホ・ブロードバンド・ソーシャルメディア・タブレット利用率変遷

米国のデータにはなりますが、2000年以降インターネットや家庭のブロードバンド、ソーシャルメディアがどのように浸透してきたかのデータをご紹介します。驚くべきことに、いまではおおよそ90%のアメリカ人がインターネットを利用しています。 

f:id:blackwatcher:20170116231043p:plain

Record shares of Americans have smartphones, home broadband | Pew Research Center

 

テクノロジーの浸透率

現在、ほぼ10人中9人のアメリカ人がオンラインを楽しんでおり、2000年からユーザ数は倍増しています。下記にインターネットやテクノロジーの利用に関する15年以上の調査結果をPew Research Center(PRC)よりご紹介します。英語にはなりますが、PRCはFact Sheetを公開しています。

The evolution of technology adoption and usage

 

1 - 77%がスマートフォンを利用している

2016年11月に実施されたPRCの調査によると、米国の約4分の3(77%)がスマートフォンを所有しており、50歳以上の低所得層のアメリカ人は過去1年間で所有が急増しています。PRCが2011年にこのテーマに関して調査を開始して以来、2倍以上の数字となっているそうです。ちなみに、2011年のスマートフォン所有率は米国人の35%でした。

スマートフォンは、若い成人の間で所有率が高く、18〜29歳の92%が利用しています。しかし、過去1年間のスマートフォン所有率の成長は、50歳以上のアメリカ人の間で特に顕著でした。 50-64歳のアメリカ人のほぼ4分の3(74%)がスマートフォン所有者であり(2015年と比較して16%増)、65歳以上の42%(2015年から12%増)となっています。また、年間30,000ドル未満の収入を得ている世帯では、スマートフォンの所有者数が12%増加しています。現在、低所得層のアメリカ人の64%がスマートフォンを所有しています。

 

2 - 家庭用ブロードバンドサービスは6%増加

2013年から2015年にかけて、米国の家庭用ブロードバンドサービスは緩やかに減少傾向にありましたが、2016年に6%の成長を見せました。2016年末時点ではアメリカ人の4分の3(73%)が利用しているようです。PRCが調査をはじめた2000年からこのテーマを追い続けて以来、最高の浸透率に達しています。

ただし、すべてのアメリカ人がブロードバンドのメリットを享受できているわけではありません。例えば、高校を卒業していない人は、大卒者と比較し、利用率が3倍(34%と91%)近く低い利用率となっています。ブロードバンドの利用は、年齢や家計所得、地理、人種や民族の背景などさまざまな要素によって決まるようです。

ブロードバンドの普及が進んでいる一方、アメリカ人の12%はスマートどんを所有しているため、自宅のブロードバンドを契約していません。インターネットの利用を「スマートフォンに依存」している状態です。 ブロードバンドが普及していない低所得者層のスマートフォン利用率が上がっていることからも分かります。

 

3 - 10人中7人がソーシャルメディアを利用

PRCが2005年にソーシャルメディアの利用率を調査したころは、わずか5%に留まっていました。現在その利用率は米国人の69%にまで至っています。特に若者の間18-29歳のうち86%がソーシャルメディアユーザであることから人気があることが分かります。

一方30-49歳(80%)、50-64歳(64%)と年齢が上がるに連れて利用率が下がる傾向にあります。また65歳以上では34%が利用していますが、近年その数字は増加傾向です。2010年では10%だったので、6年で3倍以上増えていることになります。

 

4 - タブレットの利用率

現在、予想より多くのユーザがタブレットを所有しています。 スマートフォンには及びませんが、タブレットも非常に短期間で非常に一般的になっています。 センターが2010年に初めてタブレットの利用率を調査開始した時は、アメリカ人のわずか3%しか所有していませんでした。 この数値は2016年末時点で51%に上昇しています。

 

おすすめ記事

ウェブ担当者が知っておきたいChrome拡張機能20選(SNS・SEO・コンテンツ・ブログ)

格段に作業効率が上がる!Macの便利なおすすめアプリ14選

2017年のSEOトレンド【AMP・AI・UXなど】