読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚々拍子

コンピュータ・クラウド情報について書いています。

Cloud Foundry Foundation、Open Service Broker APIプロジェクトの始動を発表

クラウド テクノロジー

Cloud Foundry Foundationは、富士通、Google、IBM、Pivotal、Red Hat、およびSAPと共同で、Open Service Broker APIプロジェクトの立ち上げを発表しました。 Open Service Broker APIプロジェクトにより、開発者、ISV、SaaSベンダーは、Cloud Foundry、OpenShift、Kubernetesなどのクラウドネイティブ製品で実行されているアプリケーションに対し、シンプルで洗練された方法を提供できます。

f:id:blackwatcher:20161228145505p:plain

Open Service Broker API Launches as Industry Standard | Cloud Foundry

 

Open Service Broker API

多くの大企業は、すでにGoogle、Red Hat、Microsoftなどのクラウドブローカーを導入しています。 Cloud Native Computing FoundationのKubernetesコミュニティには、Open Service Broker APIと統合するサービスカタログを定義する特別なインタレストグループがあります。 

Cloud Foundry Foundationのエグゼクティブディレクター、アビー・ケーンズ(Abby Kearns)は、このプロジェクトについて下記のようにコメントしています。

エンタープライズアーキテクチャーは依然として複雑です。 アーキテクチャ全体で開発者に機能を公開するための一貫したモデルにより、ビジネスを真に差別化するアプリケーションの開発と展開に集中できます。 この機能を継続的に開発するために、複数の組織の主要リーダーと協力することに非常に興奮しています。

Open Service Broker APIは、アプリケーションにサービスを追加するための単一のパスを提供することによって、グローバルなクラウドエコシステムの拡張を加速します。 開発者は1つのAPIに対して記述・構成することができ、複数のプラットフォームにわたり多くの開発者にアプローチできます。

Open Service Broker APIイニシアチブの詳細は下記を参照してください。

Open Service Broker

リリース時に議論されていたチャットは下記です。

#Appserviceschat - CrowdChat

 

プロジェクトの狙い

Open Service Broker APIのプロジェクトチームは下記を狙いとしています。

  1. 下流の実装をサポートするリリースプロセスとともにOpen Service Broker APIを仕様として定義および展開
  2. 消費者およびプロデューサの動作を検証する適合テストスイートの作成、
  3. エンドユーザーコミュニティをサポートするための業界全体の採用

Service Broker APIはもともとCloud Foundryプラットフォーム用に開発されたものですが、現在は、クラウドエコシステム全体のコラボレーションを通じて業界標準を構築するためのオープンソースとなっています。

参考記事

Cloud Foundry Foundation Announces Open Service Broker API Project | ProgrammableWeb

Cloud Foundry Launches Open Service Broker API Project | Linux.com | The source for Linux information

 

おすすめ記事

国内クラウド市場2015年度に1兆円突破。2020年には3兆円超えに。

「Docker for AWS」「Docker for Azure」がパブリックβ版として公開。クラウドでのDocker利用がより便利に

【SaaS】コラボレーションサービスまとめ。Slack・Box・Intercomなど